aurea mediocritas

日々の雑感や個人的な備忘録

反出生主義と「なぜ死んではならないのか」

 

以下は、「反出生主義」と呼ばれる流行思潮(あたかも哲学的であるかのような装いを持つ思想)に対してどう反論すればよいのかを考えてみた反-反出生主義的な文章である。

⑴.【反出生主義は当為問題を事実問題化している】

そもそも、「生まれてこなかったほうがよかったのではないか」という反出生主義者が立てる問いは、問いの立て方が間違っている。なぜなら、生きることは事実問題ではなく当為問題だからである。

たとえば、いじめが起きた時に、ものすごく大雑把に分ければ、「いじめがあるような学校には行かなくてもいいんだよ(=死ぬ権利擁護型の優しい言葉)」と言うのか、「いじめをしたやつを退学させたほうがいいよ」と言うのか、というふたつのオプションがその関係者にはとりうる。雑に言えば、前者はいじめられっ子の退場を勧める立場で、後者はいじめっ子の退場を勧める立場である。

前者のオプションも、後者のオプションも退場を勧める立場である。しかし、前者のオプションをとる立場は「そもそも学校はいじめのないような楽しい場所であるべきである(=そう、これはただの素朴な「べき論」なのである)」という最初に前提されていたはずの価値を忘れたまま議論を展開していることがわかるだろう。

後から提示された目の前の小さな価値(=いじめのある学校に行かなくてもよいという価値)に釣られてそちらを確保することにより、原始に承認・保証されていたはずの大いなる価値(=そもそも学校からいじめを撲滅してもらうことができるということの価値)をみすみす明け渡すわけにはいかない。だから、前提されていた価値の順序通りに粛々と物事を進めるならば、後者の立場を取るべきである。さて、このいじめの話を自死の件にも敷衍するとどうなるか。

死にたい人がいる(=その場から退場したい人がいる)場合には、その人に退場させてあげるのではなく、基本的には、社会の側を変えていくべきなのだ。つまり、社会のあり方をかえる(=いじめっ子を退場させる)べきなのである。なぜなら、「人はそもそも生きるべき」だからである。

(※もちろん、ここでいう「退場」というのは、極端なケースの話である。いじめっ子が問題の発覚により突如改心して、もういじめなくなるのであれば退場退場と言い立てなくてもよいはずだが、リアルに極端なケースを想定するなら退場も視野に入れなければならないだろう。また、「人はそもそも生きるべき」というこの発言自体が非倫理的だと糾弾される場合があるが、そのような特殊事例については後述する。)

では、「そもそも学校はいじめのないような楽しい場所であるべきである」という価値がはじめに前提されていたのと同様に、「人はそもそも生きるべきである」と言えるのはなぜか。

つまり、人生が事実問題として生きるに値するかどうかを考えるのは問いの立て方が間違っていて、当為問題として、「事実はどうであれ生きるべきである(=人生は確かにクソだし、世界は戦争とか起きてて最悪かもしれないけど、それでも、人は基本的には生きるべきなのである)」のはなぜか。

以下に、少なくとも5つの理由を挙げる。まだまだあるだろうが、すぐに思いつくものだけを掲げる。

⑵.【人はなぜ生きるべきなのか】

①生物であることからくる理由:カマキリのオスが自己をメスに食わせることで、そのメスに結果的には栄養を与えるように、生物の無意識レベルでは自己否定が働くことがあるとしても、自己保存は意識を持つ生命の基本傾向であるから、実は生きたいはずだ。

②技術的な理由:もう生きてしまっているので、反出生主義者の言うようにこれから多くの人を無痛で殺したりは、まだできないからだ。そして、仮に無痛であったとしてもまだ大多数の既に生を受けた人間たちが死ぬことに大いに抵抗することは間違いない。

③既成事実からくる理由:自分ひとりが無痛で死んだりはもう技術的にできるけれども、放っておけば死ぬはずの赤ん坊がここまで育ってしまったということは、最初そいつの誕生を肯定し喜んで、言祝(ことほ)いだ周囲の人間が確実にいるのでなければならない、ということである。そうでなければ、既にその赤ん坊は死んでいるはずである。それほどホモ・サピエンスの原初形態としての赤ん坊は脆弱である。また、その証拠に、「お誕生日おめでとう」とか、「ハッピーバースデー」などと言われて喜ばない人は、ほぼいない。

④例外と原則の関係からくる理由:たしかに、脳腫瘍ができて毎秒頭をハンマーで殴られるように痛いという人にたいして、それでも「人はそもそも生きるべきだ」などとと説くのは間違っている。実際、自死の是非が議論されるような深刻な精神的病とされるものの多くは、そのじつ、よく調べてみれば身体に症状があったり、脳の異常であったりする(=なぜなら、心身二元論は変だから)。だから、そのような事例(=不可逆的な身体症状を伴う事例)には安楽死が適用されるべきである。しかし、身体の異常----価値の問題としては扱えない具体的な次元における異常----がない場合、それらは価値の問題として扱い、別の価値文脈に置いてやれば人生が素晴らしいと思うことは常にできるはずの問題である。だから例外事例には安楽死が適用されてよいとしても、原則としては適用されてはならない。なお、ここでいう「別の価値文脈に置く」とは単に環境を変えるという話でなにも特別なことを意味してはいない。

⑤統計上の理由(青年期の典型的な振る舞いとして見ればよいのだという理由):近年、名前は伏せるが某大学でアンケートを取ると「過半数の回答者が人類は絶滅すべきだと答えた」などという統計結果が出て、倫理学徒を驚かせることがあるという。これは「そのように斜に構えた態度を取ることが、たそがれていてかっこいいと思っている」というような青年期の典型的振る舞いとして説明することができなくはない。このように説明すること自体が非倫理的だという意見も必ずあるだろうが、このような「斜に構えた態度に対する斜に構えた説明」にも一考の余地はある。ゆえに、そもそも反出生主義が近年支持されてきているという根拠となるデータ自体が、母集団が偏っているがゆえに怪しいと考えることもできる。